専業主婦になると自分のケアだってなかなかできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

専業主婦になると自分のケアだってなかなかできないものです。いい化粧品だって値段が高いですから、専業主婦にとっては簡単に購入ができるものではありません。

だから、おこずかいがあれば自分が欲しい化粧品だって購入ができるのにと思ってしまいます。おこずかいもなかなか使えるものがなくなってしまっています。

やはり家計の方にお金を回してしまいますから、私にとっておこずかいはないようなものになってしまいます。

だから、欲しいものを購入しているような友達がうらやましいです。専業主婦にとって、1万もあればすごくうれしいものなのですが消費者金融専業主婦は借りれないので手軽に手に入れることは出来ません。

それで洋服やお化粧品も購入ができいますからうれしいです。数万円ぐらいのおこずかいであれば、パートにでも出かければ稼げると思うのですがこれからどうなるのか考えていけたらいいなと思います。

専業主婦になるのは、最初はいいと思ったのですが今はちょっとおこずかい稼ぎに仕事がしたくなっています。

専業主婦の私は家政婦か!?と思う毎日

昔に比べれば世間の専業主婦のイメージは変わってきたのかもしれませんが、未だに

 

専業主婦は気楽ね~


などと言う人がいます。おそらく専業主婦をしたことがない人なんでしょう。専業主婦だから

 

  • 料理
  • 洗濯
  • 掃除

をするのは当たり前で、それをやりたくないとは言えません。


多少手を抜いてもやっています。

 

でも主婦の仕事ってそれだけじゃないんですよ。

  • 日々の献立を考えて食料品を買いに安売りをしているスーパーまで自転車をとばして行き重い袋をかかえて帰ってくる
  • トイレットペーパーやら洗剤などの不足をチェックして補充する
  • 税金や公共料金の支払などがあれば期日までに支払に行く

・・・など細かいことがたくさんあります。


子供がいればそっちの仕事も増えます。子ども会やPTAの役員は定期的にやらなければいけないし、そうなったら休みの日に行事の付き添いをしたりイベントの準備に借り出されたりします。私も独身時代は

 

専業主婦になったら午前中にさっさと家事を終わらせて昼寝できていいなぁ


と思っていましたが、実際になってみると昼寝する間がない!私の家事の仕方が悪いのかもしれませんが、細かい用事を済ませているとあっというまに時間が過ぎて子供が帰ってきてしまいます。

これでも夫の年収が多くて時々ママ友とランチ、なんて優雅なことができたらストレスも発散できるんでしょうけど、我が家の場合はそんな余裕はありません。毎月必要なお金を差し引くと貯金もできない状況です。

ランチなんて数ヶ月に1回、行けるかどうかという感じなのでストレスが溜まりまくりです。土日で家族が休みの日でも変わらず料理・洗濯・掃除をします。その横でダラダラとテレビを見たりゲームをしたりする夫や子供を見ると

 

私の休みはいつ??


と思ってしまいます。やっと家事が片付いてやれやれと一休みしようとすると

 

おなかすいた~


とか

 

コーヒー入れて~


と私の手が空くのを待っていたかのように言ってくるのです。なんで自分でできるのに私に頼むんでしょう。本当、これでは家政婦と同じです。

だから1年に1回くらい「私は家政婦じゃなーい!」と怒りが爆発するのですが、その時には夫も子供も焦って自分のことは自分でしだすのですが、すぐ忘れて同じことです。お給料はもらっていませんが、専業主婦も立派に家庭の仕事をしていることを家族が理解してくれるといいんですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。