パート・アルバイトでもお金は借りれます!

 

パート・アルバイトで安定収入があるよ!


という方には大手消費者金融のプロミス・アコムがおすすめです。専業主婦が即日融資を希望するのには銀行カードローンでは、

 

  • その銀行の口座を持っていなければならない(じぶん銀行など持っていなくてもいいローンもある)
  • 自動契約機がないので即日カード発行できない

等の制限がありますが、大手消費者金融のプロミス・アコムではどちらもクリア!更には無利息サービスもあるので早期返済する事で低金利カードローンよりも低い利息で借りることができますのでパートなどで安定収入があるのならプロミス・アコムがおすすめなんです。

またプロミス・アコムなどの大手消費者金融は、銀行カードローンの保証会社も多数務めていますので審査能力も高く、与信の少ないパート・アルバイトの方にはうってつけのお金を借りるところとなっています。

即日融資に強く無利息サービスもある大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率:年3.0%~18.0% 借入限度額:最高800万円

収入のない専業主婦や安定収入ではないパート主婦でも旦那に内緒でお金を借りれるカードローンはない

 

専業主婦でも旦那に内緒でお金を借りたい!


という専業主婦の方が多いので専業主婦でも旦那に内緒でお金を借りれるカードローンの解説をします。

カードローンには総量規制対象業者と対象外業者がある

カードローンでお金を借りるのは収入を担保・信用として借りなければならないので基本的に収入がない専業主婦はお金を借りることができません。法律的にも年収の1/3以上貸せないという原則の総量規制があり、

 

  • 総量規制対象外の銀行のカードローン
  • 総量規制の対象となるノンバンク(消費者金融や信販会社)のカードローン

と後者の方(消費者金融や信販会社のカードローン)では専業主婦は全く借りれる可能性はありません。しかし前者の銀行カードローンでは配偶者の収入があればその与信で専業主婦でも申し込みができるようになっていました。しかし、

 

とうとう金融庁の規制により、銀行カードローンでも専業主婦は申込めなくなりました。


近年の自己破産者の増加による銀行カードローンの規制ですが、銀行カードローンの貸付残高が増え過ぎた為の弊害となって専業主婦の借入先がなくなったということです。

パート・アルバイトですがお金を借りることができますか?

パートで収入を得ている人であっても突然まとまったお金が必要になる時というのは少なからずあります。そんな時に考えるのが「お金を借りる」というものですが、最近ではパートで収入を得ている人であってもお金を借りることが手軽にできるようになっています。条件となるのは、

 

  • パートであっても安定した収入があるという点
  • 働いていることの確認ができるという点

です。


消費者金融の場合は、大手と呼ばれる業者のほとんどがパートへの融資に対応しており、その背景には業界再編や、長引く不況といった世相が関係しています。消費者金融としても、安定した収入があればパートでも対応できるようにしておくことで、より多くの人への門戸を広げることになり、結果的に業績の向上にもつながることになります。

パートの人がお金を借りるうえで重要となるのは、収入の金額もそうですが、在籍確認が可能かどうかという点にあります。消費者金融の中には、

 

給与明細などを持参すれば在籍確認を省略できるといったケースもあります


が、パートの場合どうしても収入が不安定な側面があり、融資を行うための審査段階で「働いていること」を確認されるケースがほとんどでこれはノーローン即日審査でも同じことです。

とはいえ、できれば職場にはお金を借りていることは知られたくないものですからそういった場合は上記で紹介したプロミスを利用すればバレることはありません

消費者金融のアコム・プロミスに限らず、パートでも融資に対応できるところの多くは、在籍確認の段階で金融機関名などを名乗らず個人名で連絡を入れるようになっています。

ただし、中には希望しない限りそのルールが適用されない可能性もありますので、申込時において念のため確認しておくと良いでしょう。

こうした点に限らず、「お金を借りる」という部分は非常に不安なものであり、疑問点も多いことと思います。

消費者金融や各金融機関では、融資を受けるにあたっての不安な部分や疑問点についての相談窓口も設けられていますので、事前に相談や確認をすることができます。

パートの人の場合であれば、お金を借りる前にこうしたところを利用して不安な部分を解消しておくと良いでしょう。収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、総量規制対象外の銀行カードローンで、専業主婦申込可能なところへ申込まなければいけません。

パートの人がカードローンでお金を借りた時に心配すべきは利用する前よりも利用した後

パートで働いている人であればカードローンを利用することはそれほど難しいことではありません。消費者金融をはじめとするカードローン業者では、安定して毎月の収入がある人の場合は融資対象としていますので、

 

パートでもカードローンでお金を借りることそのものはおそらく問題ないでしょう。


もっとも、既に他のカードローン業者から借入を受けているといった事情でもあればまた話は違ってくるのですが、こうしたことでもない限りはカードローンでお金を借りることは可能です。

ただし、カードローンの利用においてはその後の返済に注意しなければなりません。消費者金融のカードローンを利用する場合であれば、総量規制の制約を受ける関係から年収の3分の1が借入可能な上限となります。

こうした事情から、パートの人がカードローンを消費者金融で利用する場合にはそれほど高額の融資が受けられないため、それほど返済も難しくないと思われがちですが、実は必ずしもそうとは言い切れません。その要因のひとつとされるのが金利です。消費者金融に限らず、

 

カードローンで借入を受ける分には必ず金利というものが発生します。


仮に10万円の融資をカードローンで受けたとしても10万円をそのまま返済すれば良いというわけにはいかないのは、この金利が関係しているからであり、返済時には必ず

 

金利によって計算される利息分も含めて支払わなければなりません。


カードローンの利用ではこの利息分を含めた返済の関係からなかなか返済が完了しないというケースが多く、これは利用する金額が少ない場合であっても例外ではありません。

ましてやパートの人の場合は毎月の収入も限られていますので、返済に回せる金額も決して多くはないのが現状です。しかも専業主婦でもお金借りれるところがあっても返済は楽ではありません。

消費者金融の中には一定期間の金利が0円というサービスが用意されているところもありますので、もしも金利が心配ということであれば、こうしたサービスが利用できる業者を選んで利用するのもひとつの方法といえるでしょう。

現在ではパートでも借入することができる

消費者金融というものが身近になり、実際に多くの人が利用できるようになっている最近では、誰でも手軽にそうしたところから借入を受けることができるようになりました。

その背景には長引く不況と、いろんな立場の人が「まとまったお金」が必要になっているといった時代背景も影響していると考えることができます。

時代というものは絶えず変化し続けており、こうした変化に柔軟に対応し続ける姿勢というものは人間も企業も同じことであり、これは消費者金融業者であっても同様です。

たとえばパートが主な収入源となっている人であっても消費者金融を利用して借入を受けることができるのは、時代の変化にそれぞれの消費者金融業者が対応してきたからといえるのではないでしょうか。

言うまでもなく、消費者金融という職業は、融資したお金の返済時に支払われる「利息」で利益を得ることを目的としています。

そのため、返済される可能性が低い人に対して融資を行っていては経営が成り立たなくなるのであり、それを防ぐために融資の段階で「審査」というものを行っているのですが、かつてはパートで収入を得ている人の場合はその審査に通ることがなく融資を受けることができない時代というものがありました。

最近ではパートであっても他の消費者金融などからの借入がなかったり、あるいは希望金額がそれほど高額でなければほとんど問題なくパートでキャッシングをすることができます。

パートで働かざるをえない人が増えていたり、パートであっても正社員と同程度の収入を得ている人がいるといったことも関係していると思われますが、消費者金融などがパートへの貸付を行っている背景には、前述のように業者サイドが時代の変化に対応してきたといえるでしょう。

とはいえ、消費者金融業者にとってパートという立場が正社員よりも上位というわけではありませんのでクレジットカード審査においても不利ですがそういったどちらの場面にも活躍するのがアコムマスターカードです。

そのため、融資可能な金額については一定の制限が設けられており、法的にも規制がかけられていますので無制限に利用できるものではないことを理解しておくべきですが、プロミス・アコムでは申込可能なことを知っておいて損はないでしょう。

アルバイトでアコムは利用できるか?

旦那さんのお小遣い

結婚すると諸々のことが変わりますが、もっとも現実に関わってくる面の一つは「夫婦共同の財布になる」ということではないでしょうか。この共同財布、みなさんはどのように管理されていますか?周りに聞いてみると、

 

  1. 夫婦完全別々の財布(家賃などはそれぞれ払う分担を決めるか、毎月お互いが一定額を拠出する口座を作ってそこから管理)
  2. 夫が金銭管理し、妻がお小遣いをもらう
  3. 妻が金銭管理し、夫がお小遣いをもらう

と様々なパターンがあるようです。ちなみに我が家は何故か夫を除く義実家全員から「嫁さんが管理したって」と頼まれたので、私が管理しています。

妻が金銭管理し、夫がお小遣いをもらう場合、夫の生活費を妻が決めることになりますが、我が家では一律4万円にしています。妻(フルタイム勤務)の私も同額にすることで、不公平感がでないようにしています。

また、アコムの場合アルバイトでも利用可能のようですが私は一度も申込んだ事がありません。お金を管理する立場なので夫に内緒にはできないのも興味がない理由かもしれません。

一応額は一律ですが、友人の結婚式に参加する場合などの臨時の支出は、その都度夫婦で話し合って、お小遣いとは別に出すようにしています。臨時支出の目安はおおよそ2?3万円以上からです。

独身時代よりは窮屈に感じられる旦那さんも多いと思いますが、額が小さい方が自分から出て行くお金の流れに敏感になるので、まずは毎月使うおよその金額を旦那さんから聞いて算出した上で、

 

当座の金額を決められると不満がたまりにくい


かと思います。いかがでしたでしょうか。お金の話はトラブルに発展しやすいので、とくに財布を預かる身はしんどいと思いますが、将来にも備えて貯蓄ができるよう、うまくお小遣いを設定したいですね。

参照しておくべきサイト:日本貸金業協会アコム パートパートお金を借りる

パート主婦・専業主婦のお金を借りることのできた体験談

主婦の冠婚葬祭の乗り切り方はお金を借りること

 

私が主婦になって初めてお金を借りたのは、友人の結婚式でした。大親友の結婚式だったのですが、なんと場所が沖縄で飛行機で行く必要がありました。友人はホテルは用意してくれましたが交通費は自費でした。

  • 御祝儀に3万円
  • ドレスもなかったので2万円
  • 更に交通費が往復5万円

とても専業主婦がぽんと出せる金額ではありませんでした。それでも、私に断るという選択肢はなかったため、旦那に相談しましたが、交通費も出してくれない結婚式に無理して行く必要はないだろうと言われてしまいました。更に追い討ちで、その飛行機代で二人で旅行に行けるよと言われ、私はそれ以上旦那に何も言えなくなってしまったのです。

確かに、結婚式となると、御祝儀のほかに女はドレス代やヘアメイク代もかかってしまい、大変な出費です。しかし、友人代表スピーチも頼みたいと言ってくれる大親友の結婚式に、お金がないという理由で欠席するのだけはどうしても嫌でした。我が家では結婚前の貯金も共有していたため、自分の貯金から出すということも出来ず、最終手段として結局お金を借りることにしました。

もちろん、旦那には言えないので、友人が交通費も負担してくれることになったと嘘をついたのですが、この嘘をついたとき、なんだか虚しくなりました。なぜかと言うと専業主婦はアコムなどの消費者金融では申込みできないから虚しかったんです。

結婚前で働いている時は、自分のお金を自由に使えたのに、今や自分で自由に使えるお金すらなく、その上旦那に嘘までつくのかと。私は結婚前に割とバリバリ働いていたので、余計にそのギャップに悲しくなったのをよく覚えています。

結婚前に働いていた会社の同期と会うと、その自由さに結婚を後悔しそうになるときさえあります。この時は結局飛行機代だけでなく、沖縄で友人同士で食事をするお金なども必要だったので、8万円ほど専業主婦でもお金を借りることにしました。

後で返済するのがとても大変でしたがスマホでもお金を借りることができたのでついつい借りてしまったのです。もちろん、旦那にバレてはいけないので、旦那に隠れて一日のみのアルバイトなどをして返済しました。専業主婦がお金を使うのはこんなに大変なのかと悲しくなった出来事でした。


SMBCモビットの在籍確認のあるカードに申込んでいたパートの独身女子

 

先日、久しぶりに大学時代の仲間に会いました。結婚して子どもがいる友人もいるので、土曜日のランチタイムの集まりです。女子大だったので集合すると当然、女子会になります。4人の仲間うち、結婚して子どもがいるのは2人。

私は既婚ですが子どもなし、もう一人は独身です。立場は様々でも、女子大時代の絆があるからか話題は尽きることなくあります。周囲に気兼ねなくおしゃべりできるように、レストランの個室を予約しておくので余計に話題が尽きることがないのかもしれませんが。とはいえ話題の中心は唯一の独身である友人の婚活話です。

友人が婚活サイトに登録して婚活を始めたというので、私たちは興味津々であれこれと質問していました。あんなにも結婚に興味がないと話していた友人ですが、会社でも次々と同僚が結婚していくのを見ていたら彼氏がいない現状に焦りを感じてきたようです。

とはいえ仕事も忙しいので結婚相談所に通って…というような婚活もできないと考え、婚活サイトに登録することにしたようです。ですが、SMBCモビットの在籍確認のあるカードにも申し込んだと云っていたのでお金のやりくりも大変なようです。


パート主婦のキャッシングで購入したい

 

冬になると、やはりおいしいものがたくさん出てきます。そして、私はかに料理を食べたいなと考えるようになっているのです。冬は鍋がおいしい時期なのですが、やはりかにを入れたいのです。去年は、かに料理を食べに行ったのですが、値段が高かったです。

おいしいのですが、値段が高いとなかなか行けないものだなと感じてしまいます。でも、おいしいかにを食べたいので、通販でも食べていければいいのかなと考えています。

そして、この冬もかにをちょこちょこでもいいので、食べれればと感じているのです。かに料理は、やはりおいしくないと楽しめなと思います。身もあまりつまっていないような状態だったら、がっかりしてしまいます。

なので、これからいいかにを食べれるように、通販でいいかにを見つけたいです。かにもやはり種類によって味が違うものなので、よく見ておきたいです。かに通販のおすすめを見て、やはり一番お得にいいカニを専業主婦のキャッシングで注文していけるようにしたいです。